羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< ぐいぐいチンニング(体幹トレ日記87) | main | 初演出と演助について >>
スマホにどっぷり

「まるで女子高生のようだ」

家族にバカにされている。

スマホのラインスタンプを買ったりしているからである。

与えられたばかりのオモチャで遊ぶのは楽しい。失敗を重ねながらも徐々に腕は上がっている。昨日はラインスタンプのプレビュー設定を新宿〜京王永山でやってのけた。なにしろまったく関係のないスタンプを、思いもよらない人に送り付けたりしてしまうのだ。これはまずい。しかし絶対解決策があるはずだと思ってピコピコやっていたら見つけた。さすが私、デキル女はスマホだって征服してしまう。というわけでもう大丈夫。

この間なんか矢野力に、『ひま?』なんつー、まるで何か誘っているようなスタンプを送ってしまいチョーあせった。

その前になぜか突然電話がかかってしまい、「今のは間違い」とラインメールしようとしたら「ひま?」になってしまったのである。わけわからん。電話からの「ひま?」で、矢野さんはさぞビビったであろう。

矢野さんへの間違いがやたら多いのは、彼のラインショートカットがホーム画面にあるのと無関係ではないと思われる。これもなぜあるのかわからんのである。突然出現した。気づいたら産まれていたのだ。家族のも麻理枝のもないのに、矢野さんだけまるで「カレシの連絡先」のようにホーム画面に鎮座している状態である。

これも想像だが、撮影の打合せでたくさんやり取りをしたので、その操作の間に私がなにかやっちまったのだろう。そして、これをどう動かせばいいものやら、今の私にはなす術がない。しばらく「カレシの連絡先」でいてもらおう。

 

あと、カレンダーアプリも取得した。元々入っているものが使いにくかったという、「プロだ!」とほめてもらってもいい理由である。今、稽古スケジュールをちょびちょび入れているところである。場所の欄に稽古場を入力すると、同時に地図やナビと連動するので、もう私に迷子の心配はない。すばらしい。なんでもっと早くスマホにしなかったのだろう。

それからウィジェットというのがいったい何者かわからず、ホーム画面に出てくるのがめっちゃうっとうしかったのだが、これも解決と同時に「便利じゃん」と感動した。これを利用して、ホーム画面に「今日のスケジュール」が常時出るようにした。スケジュールはもちろん、メモ欄に「100均で霧吹きを買うこと」なんてことが書いてある。すばらしい。今日は100均に行くのを忘れないぞ。

こんなふうだから電車の中でも喫茶店でも本をまったく読まなくなった。本を読むのは食事をしているときだけである。どうして食事のときはスマホをいじらないのだ、と言われそうだが、さすがに片手操作という難易度の高いことが私にはまだできないからだ。「右手に箸、左手にスマホ」という姿に憧れる。かっこいいなあ。

そうそう、麻理枝が「今回の出演者でラインチームがある」と言っていた。みんなで衣装の打合せなどをしていると言う。

「なにそれ。私もさっそく入れてよ。仲間になりたい」

「ダメですよ。羽生さんが口挟んできたらみんな何も言えなくなります」

なるほど。一理ある。

 

あとトミーがまだガラケーだから、初読みの日に自慢しよーっと。

「お先に」と、言いたい。

 

 

| 羽生まゆみ | - | 13:28 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:28 | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM