羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< シャーペン(稽古場日記4) | main | 大きな声(体幹トレ日記89) >>
午後9時、絞りカス(稽古場日記5)

いやあ、疲れた。昼間から一日稽古場に居るとさすがに堪える。21時を過ぎるとほとんど絞りカス状態だ。もう一滴も汁らしい汁は出ないってかんじ。

それでも楽しかった。プロローグは非常に良かった。トミーのサンタクロースは年の功の存在感があるから、そのせいかプロローグは初演とはかなり雰囲気の違うものになっている。プロローグの役者たちはみんなよくやっていると思う。

Ericoがとても楽しそうだ。今回はEricoをケチョンケチョンにいじめてやるつもりだったのだが、今のところ集中してやっているのであまり文句を言う隙がない。残念だ。プロローグは実年齢の半分以下の役を演じているがとても可愛い。

正直言えば、Ericoが楽しそうだと私はうれしい。遙か昔の日々が、劇団を揚げたばかりの日々が帰ってきたようだ。時々ヘボ役者だった頃のEricoが今のEricoに重なって、二重写しに見えることがある。

いかんいかん。まだ始まったばかりだ。今からほめていたらいずれしっぺ返しをくらう。

 

麻理枝が泣いちまった。麻理枝が弱って泣いたのは初めてかも。

麻理枝、ダメを出されるのは幸福なことなのだ。それを理解してくれていると信じている。

 

さあ、明日も稽古だ。早く寝て体力を回復せねば。

おやすみ。

| 羽生まゆみ | サンタクロース イン トーキョー | 01:00 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:00 | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM