羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 大きな声(体幹トレ日記89) | main | 雅紀、私を取り扱う(稽古場日記7) >>
なんと、あと一ヶ月で初日(稽古場日記6)

来月の今日はもう初日である。まずい。不安でいたたまれなくなる。

軽快に進んでいるとは言い難い。たぶん、入れ込み過ぎているところに、私自身の問題がある。

『サンタクロース〜』のことはこの13年、あまりにも考えていたので、イメージが出来上がりすぎているのではなかろーか。

新作だと役者のやっていることがいつの間にか「正解」になるが、今回は私の頭の中にあるものと役者の芝居が違うとすぐ「不正解」にしてしまう。いかん。いかんのよ。これでは良いお芝居にはならない。

まずい。やんわり吐き気がある。プレッシャーのせいに違いない。

よく考えねば。「落ち着け」と役者にわめいているが、最も落ち着いていないのはたぶん私なのだろう。

 

役者たちが早くも煤けているのが心配だ。クイックルワイパーでお掃除したい。特にお顔をサワサワしたい。サワサワしてホコリを落としたい。私の吐き気はホコリのせいかもしれない。きっと「役者のホコリアレルギー」なのだ。

そうそう、急に話は変わるが、私の稽古場入りが早すぎると雅紀にクレームつけられてびっくりした。

「ええーっ!」

「みんな言ってます」

「うっそ。てっきり役者たちは私の顔見ると嬉しいのかと思っていた」

「まあ‥‥‥えっと‥‥‥嬉しいですけどね」

初立ちの台詞よりしどろもどろしていた。

 

というわけで私は明日、19時入りだよ。

一場のラスト、アダルトチームが役者だけで段取りたいんだってさ。

久しぶりに駅前のケンタでゆっくりお茶するよ。チキンフィレサンド食べて行く。

 

眠い。もう寝る。

おやすみ。

| 羽生まゆみ | サンタクロース イン トーキョー | 00:46 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:46 | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM