羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< クランクアップ | main | 本日も筋肉痛(体幹トレ日記94) >>
筋肉痛(体幹トレ日記93)

毎回プッシュアップをやるのあたりまえのようになっている。あれこれやった後の「デザートの50回」みたいな時もあれば、「本日のお食事はプッシュアップのみ」のときもある。

この頃私の前の時間帯に34才の青年が入っていて、いつのまにか私のライバルである。

トレーナーが私の負けん気に火をつける。

「34才、今日は腕立て200回やった」

負けん気がボワッと燃え上がった。入会7ヶ月がトレ歴3年半の私と勝負しようとは笑止千万。

私は苦々しさを我慢しながら思った。

「踏み潰してやる」

というわけでこの日は目指せ200回。

34才はフル140回+膝つき60回だったというので、とりあえずフル150回に向かってひた走る。前に攻めるプッシュアップだ。

「攻めろ! もっと前!」

トレーナーの檄が飛ぶ。

前に攻めるプッシュアップはチョーきつい上に、筋肉痛が胸ではなく、背中側の腕の付け根に出る。とても痛い。腕の付け根という場所柄、日常生活がものすごく不便。

結果は、フル200回+膝つき20回であった。220回やっておけば当分追い越せないだろう、と心の中だけで思った。

こんな思い上がったことを声に出して言うのはまずい。トレーナーが聞いたら激怒して、34才に私を追い越させるに決まっている。私が喋ることはたとえ何気ないひと言でも彼にとっては怒りの種になるので、「何気ない」どころか今回のような本物の「上から」の場合、どのようなことになるのか考えるだに恐ろしい。

まあ私が怒りを買うのは仕方ない。私は世界一の嫌われ者だ。しかし気の毒なのは、とばっちりを受ける34才である。私をギャフンと言わせるために、きっと300回腕立てをやるはめになる。吐くよ。

 

どんなにきつくても、いや、きついからこそ、トレーニングをやっている間は現実から逃れられる。人の頭は基本一つの痛みしか感じないらしいから、筋肉痛は心の痛みを和らげたりもしてくれるのだ。

明日はトレーニングがあると思うと元気になる。

 

プッシュアップを200回やり抜けば、ミットに強いパンチを打ち込めば、自分を少し、マシな人間だと思うことができる。

 

| 羽生まゆみ | 体幹トレ日記 | 00:16 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:16 | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM