羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 筋肉痛(体幹トレ日記93) | main | 道明寺(体幹トレ日記95) >>
本日も筋肉痛(体幹トレ日記94)

今日もまた筋肉痛。胸と脇が激しく痛いが、それにも増して痛いのがお尻である。最後にやらされた横跳び系ぴょんぴょん種目(サイドランジの部類?)のせいかもしれない。

ぴょんぴょん種目は苦手だけど、あちらのスタジオに通っていたころに比べたらだいぶマシになった。あちらでは若いトレーナー達にヤクルトジャンプと悪口言われていたものだ。ヤクルトの高さしか飛び上がれなかったからである。こちらでは牛乳瓶までは成長したように思える。飛んだときにふわっと感がある。

というわけで今は「目指せペットボトル」だ。一升瓶なら尚可である。

 

しかしお尻が激イタなのはぴょんぴょんのせいだけではなく、久々にやったベンチプレスも影響しているのではあるまいか。

ベンチは数ヶ月ぶりだ。前はよくやらされていたし好きだったのだが、こちらに移ってからはほとんどやらない。理由はわからんが、たぶん私があまりにもできないので諦めたのだろう。しめしめである。悔しくもなんともない。この頃すっかり「怒鳴られ疲れ」しているので、100%怒られることが決定しているベンチはやりたくない。箸より重たいものも持ちたくない。バーベルなんて冗談じゃない。

それでもやるとなれば力を振り絞る。つーか、ベンチの場合振り絞るのはお尻である。この日も「ケツを締めろ!」というご要望にお応えして、挟んだキュウリが真っ二つになるくらい振り絞った。(挟んでないけど。)で、筋肉痛だ。

 

ベンチのあとはプッシュアップだった。これはマズイ。チンニング後の腕立てもきついが、ベンチ後はもっと悲惨だ。胸と脇はすでに痛いし、腕もふにゃふにゃ状態。お尻にいたっては振り絞りすぎて半分砕けている。

案の定まったくできなかった。なんとか身体を持ち上げようとするのだが持ち上がらず、力任せに上がろうとするとフォームはめちゃくちゃである。

で、すかさずモヒカントレーナーの畳みかけるような怒声が飛ぶ。

「右肩が上がってる!」

「右肩が上がってるって言ってるだろ! 顔上げてちゃんと鏡見ろ!」

「鏡見てやれって言ってるのになんで見ないんだよ、バカ!」

バカ? 今バカって言った?

言葉の刃で袈裟懸けに斬られて、私の心は血だらけだ。

「ちゃんと見てる? 見てねーだろ!」

私はプッシュアップ姿勢のまま弱々しく口答えする。

「見てる」

「じゃあなんで右肩が上がってんだよ!」

「‥‥‥」

「返事しろ! 見てないから右肩が上がってるのがわかんないんだろ! 今上がってた? 上がってなかった? どっち?」

むーかーつーくー。

ついに私も大音声で怒鳴り返した。やっぱりプッシュアップ姿勢のまま、

「わかってるけど直せないんだよっ!」

プッシュアップ姿勢じゃなかったら、今まさにつかんでいるプッシュアップ用ブロックを投げつけてやったところだ。

 

稽古場の役者の気持ちがわかったね。これだ。

わかっているけど直せない。

 

チクショウ、涙出た。

| 羽生まゆみ | 体幹トレ日記 | 23:04 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:04 | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM