羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 最悪だ | main | 8年 >>
餃子の皮(体幹トレ日記96)

モヒカントレーナー病気のため、トレーニングが急遽中止になった。見本みたいな鬼の霍乱である。

高熱だと聞いたので風邪だと思っていたのだが、急性扁桃炎の診断であった。救急病院に行ったというからよほど悪かったのだろう。

というわけで久々に会ったけど思いのほか元気そうだった。

「羽生さんが怒らせるからこうなった」

でかい声の出しすぎで喉が痛くなったと言う。知るもんか。菌だろ、菌!

一事が万事、悪い出来事はみんな私のせいなので今更この程度の悪態では腹も立たない。

「じゃあ今日は(上手にできなくても)怒鳴られないからラッキーだわ」

「大丈夫。なぐるから」

冗談に聞こえないから怖い。ここは日大アメフト部か。

中四日も空いたので「ミット打ちやりたい。腕立200回でもいいぞ」と張り切っていたのだが、結局ストレッチしかやらなかった。

腰に貼ってあったシップ薬を取り忘れていて、腰痛がバレたからである。

「腰が痛いの?」

「‥‥‥」

実はトレーニングが急遽お休みになったので、代わりにジェクサー新宿へ行ったのだ。何をやるのかわからないまま参加したスタジオレッスンで痛めてしまった。骨盤トレは私には向いていないと学習しただけのレッスンだった。

「俺がシップに気づかなかったら黙っているつもりだったな」

そのとおりである。私は昭和の女だから根性論で生きている。

「今日はもうやらない。ストレッチ」

あ〜あ、結局怒らせちまった。痛いところがあったら申告しなくてはいけないと100万回くらい言われてきた。でもしない。たぶんこれからもしないだろう。

ストレッチと言っても皆さんが想像しているストレッチとは違うよ。ストレッチやるくらいなら腕立て300回やる方がマシである。そりゃあもう痛いんだから。どのくらい痛いかと言うと、説明できないくらい痛い。

特に痛いのが仕上げに行われるSMショーである。見るからに恐ろしげな棒状の器具で足やらお尻やらをゴロゴロされる。その痛さといったらとんでもない。「うげげげげ!」と叫びながら、のたうちまわる。昭和の女の根性論もここでは通用しない。

「やりづらいっ。じっとしとけって言ってるだろ。今度動いたら100倍痛くするぞ」

餃子の皮じゃあるまいし、棒で伸ばされてじっとしていられるわけないじゃないか、バカ!

 

とは言っても、ストレッチの後は坐骨神経症の痛みが消えているのだ。

そんなわけで私はすべてを許してしまう。「おかげで痛みが取れました」と拝みたくなる。

DV夫にマインドコントロールされている妻とはこんな心境なんだろうと思う。

| 羽生まゆみ | - | 18:47 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:47 | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM