羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< テンアゲ | main | ゴリラの大胸筋、私の広背筋 >>
激しい人(体幹トレ日記98)

一夜明けて激しい筋肉痛。昨日のトレーニングもオーナーと一緒だった。

昨日は楽しかった。うふっ。トレーナーにあんまり怒られなかったし。うふふっ、である。

オーナーはここ最近身体作りに気合いが入っているようだ。ヒロの指導で筋トレをやる他に、有酸素系のスタジオに週3回通っている。よくわからんが暗闇の中でボクシングしたりバーピージャンプしたりして死ぬほどハアハアなるらしい。自分の経営するスタジオがあるのにわざわざ他のところに行くのはやっぱり刺激や新鮮さを求めてのことだろうか。気持ちがわからないではないが、私はできたら、こっちで私と一緒に週3回トレーニングしてほしいところだ。そうなると最早パーソナルではないがどうでもいい。

オーナーはマラソンの人だから、トレーニングの目的のほとんどは「早く走るため」なのだろう。そういえば私はもうずっと外を走っていないなあ。あんなに楽しかったのに、少し寂しい。

走っていたシーンを思い出すたびにリュードのことを、胸の痛さを伴って懐かしむ。

 

オーナーにあちらのスタジオの様子を訊くのは遠慮している。こちらに移った私が詮索がましい発言をするのは違うと思うから。

でもこれだけは言っておきたいが、私は自分から裏切ったわけではないよ。オーナーとヒロの誘いがあったからだ。私の方から「あっちへ行きたい」などとは、私の性格上、口が裂けても言えなかったと思う。

二人が、今頃になって誘ったことを後悔しているとしても知ったことではない。私が「面倒くさい客」であることは、前から知っていたはずだからね。それとも面倒くさい客だから、オーナーがヒロに引き取らせたのだろうか? 

可能性はおおいにある。

 

で、私は自虐的に言った。

「じゃあ私がやめてあちらのみなさんは喜んでいるね」

するとヒロが言った。

「アキは激しいトレーニングが好きだからちょっとは残念なんじゃないか」

うふっ。少し気分がいい。つまりあちらでは私が一番激しかったということだ。

ところがオーナーが言った。

「ひとり激しい人がいるから大丈夫」

ナヌ? 私の負けず嫌いが鎌首をもたげる。

オーナーは言った。

「羽生さんほどじゃないけどね」

ホッとひと安心。ところがヒロが私を絶望のどん底に突き落とした。

「こっちも最近羽生さん並みに激しくやる人ができた」

ナヌナヌ? 知らんかった。油断していた。いったい何者だ。

どうやら男性会員であるらしい。男子と聞いていくらか安心するがそれでも悔しいことに変わりはない。きっとベンチやっているんだわ。ベンチやっていると聞くとめっちゃ悔しい。この頃私は重たい物はあんまり持たせてもらえない。

 

そんなわけで頑張った。いろんな種目をオーナーと1セット交替でやっていく。

相変わらずオーナーはいっぱいほめられる。オーナーがやる時は私に、

「羽生さんより上手い」

私がやる時はオーナーに、

「ほら、羽生さんの場合、ここが反っているでしょ。これだと効いていない」

オーナーは「ふんふん、なるほど」と、すっごい参考にしていた。なんだよっ、私を悪い見本にするな! 反っているならとっとと真っ直ぐにしてくれ!

チンニングの時もオーナーはほめられていた。

「最近背中が大きくなりましたね」

私はすかさず訊いた。

「私は?」

「変わらない」

「私も大きくなりたいのですが」

「大きくなるより現状維持を考えろ」

「‥‥‥」

ぐやじい。現状維持なんかイヤだ。できるだけムキムキになりたい。「腕が太くなるから筋トレはヤだ〜ん」などとのたまうナメた小娘と一緒にするんじゃないぞ。

丸太のような腕が欲しい、と言っておく。

| 羽生まゆみ | 体幹トレ日記 | 23:58 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:58 | - | -
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM