羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 筋トレが足りない(練習生日記2) | main | 軽く報告(稽古場日記3) >>
謹賀新年

明けましておめでとうございます。

みなさまにとって健康でお幸せな一年でありますように。

 

新しい年が明けた。

年が明けるたびに、今年はどんな年になるのかなあと希望より不安を抱きつつ思う。

この頃はとにかく元気でいたいとそれだけだ。

今年もなんとか無事に乗り切れますように。

できたらほんのちょっと良いことがありますように。

他の人に優しくできる私でありますように。

そんなふうなことをそっと祈る。

 

Ericoと麻理枝からはさっそく年賀の電話があった。

Ericoはおおかた台詞が入ったようだ。立ってみると入っていたはずの台詞が出てこなかったりするけど、ま、とりあえず私もホッとする。役者が台詞を入れないと当然だけど私はなんにもできない。

同じ電話でEricoから、チケットを売るようにと催促された。

役者(制作デスクやプロデューサーも含めて)からチケットを売るよう言われたのは初めてである。

どうやら私は役者と競争してチケットを売らなければならないらしい。

しかし私はチケットを持っていないし、公演情報も2月1日から3日が公演日であることと会場を知っているだけで、チケット料金も公演時間も知らない。(私は玉組の公演のときもあんまりよくはわかっていないのだ)

どうやってチケットを売ればいいのか皆目わからない。

ネットでなんとかしろということか。

 

役者と競争しなくてはならないのなら、私の役者たちは私からチケットを購入してもらいたい。それが「義理」というものである。もしくは「スジ」と言う。

私はこれまで玉組の公演で、その公演のキャスト以外の役者にチケットを買ってほしいなどとお願いしたことはない。ノルマのあるキャストが売ればいいと思っていた。しかし今回はそうはいかない。なにしろ競争だから。

同じ理由で、ここをご覧になっている玉組のお客様に心よりのお願いを申し上げます。Ericoと純一に義理のないお客様につきましては、ぜひとも私からチケットを購入していただきたく、伏してお願い申し上げます。

こんなことをするのは初めてですが、下記にチケットの購入フォームを貼っておきます。

 

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=42e50b380168790c

 

いろんなことをネットで処理するようになった。

芝居関係に限らず「私、そんなこと知らないけど」と抗議すれば、「へ?」という顔をされることがある。なんだか私にはわからない方法で「とっくに送ってある」、もしくは何かを「見ればわかる」のだそうだ。

ネットのことは私はわかりませんと居直るつもりはない。私もネットやPCを扱い慣れていない人にイラッとすることはままある。この頃Amazonですいすい買い物できるようになったから調子に乗っているのだ。でもこれは違う。謙虚であらねば。

 

新年早々あまり良い羽生ノートではなかった。

本年も羽生一家玉組をよろしくお願い申し上げます。

| 羽生まゆみ | シリウス、あるいは犬の星 | 05:41 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:41 | - | -
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM