羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 天照大神 | main | 諸先輩 >>
いきなり月謝の話から(練習生日記5)

前回生け花のことを話題にしたら本気で習いたくなって、ご近所に生け花教室がないか調べた。で、あったけどお月謝がお高いわ。材料費(花代)がかかるからね。その点ボクシングはお安い。私は週3で通っているから1回あたりの単価が、ランチタイムのミックスフライ定食より安いくらいである。申し訳ないお値段だ。

というわけで生け花はあきらめて、当分ボクシングとお習字に集中しよう。つーか床の間のある家に住んでいるわけでもないのに、お花の腕がどれほど役に立つか不明である。

ボクシングは私に向いていると思う。練習がとっても楽しい。そもそも私は筋トレも夢中になったくらいで、基本、身体を動かすことが生来好きなのだと思う。芝居なんかやらずに運動選手になればよかった。

10年以上になるフィットネスクラブ通いも休まず頑張っている。先だってマーシャルの手が覚えられないと愚痴ったばかりだが、早くも勘を取り戻しつつある。戦いに没頭するあまり、つい「ヤッ」とか「エイッ」とか声が出てしまうので気を付けなくてはならない。まわりのマダム達に引かれること請け合いである。

ボクシングジムでも、引かれないようなるたけ目立たないようにしている。みなさまに好かれる羽生でありたいと思って、フィットネスクラブや他の場所ではガンガン飛ばしている「話しかけるなよオーラ」も引っ込めている。でも飛ばさなくてもあんまり話しかけられないのでオーラは関係なかったようだ。

早く上手になりたいなあ。まわりはみんな上手だ。指導が上手いのはもちろんだが、男の子というのは元々格闘技好きのDNAを持っているのだろうね。太古の昔から、食物を得るために、血統を残すために、男は戦わなくてはならなかったから。

ゴローやゲットなど若い俳優陣も、芝居はヘタなのに木剣を持たせると急にサムライになったものだ。でも私は男の子のそういうところが好きだ。男の子はやっぱり戦わなくちゃいけない。腕力はないよりある方がいいに決まっている。いざという時相手を殴り飛ばせなくてどうする、と思う。

まずい。こういうこと書くから、なかなか「みなさまに好かれる羽生」になれないのね。

 

芝居ネタがなんにもない。とことんやる気が湧かないらしい。

『シリウス〜』からすでに3ヶ月もたってしまった。Ericoは10日から早3本目の稽古が始まる。芝居漬けの日々かあ。うらやましくもなんともないな。

| 羽生まゆみ | 練習生日記 | 22:57 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:57 | - | -
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM