羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 猫は正義をわめかない | main | パール二世 >>
巣ごもり

確かにスーパーが混んでいる。私も最近スーパーに行く回数が増えていたことを正直に告白する。深く反省し、さっそく「3日に1回にするよーに」という百合子たんの言いつけを守ることをここに誓うものである。

スーパーへ行く回数が増えていた理由は言うまでもない、この巣ごもりでさすがの私も料理をしないわけにはいかなくなったからである。

重たいものを持つのが大嫌いだ。そのせいで食料は肉でも野菜でもその日に必要な分しか買わないというのがこれまでの生活スタイルであった。毎日お料理をするわけではないので、余りもののタマネギを腐らせたり、ほったらかしのジャガイモから芽が出たなんてことになるのも嫌だった。(私はなぜか芽の出たジャガイモがものすごく恐い。)

今後は重たくても頑張って3日分の食材を運ぶ覚悟である。

疫病の終息までに私の料理の腕はかなり上がるものと思われる。私だってやらねばなならん時はやるのだ。

 

先日も書いたブートキャンプを真面目にやっている。久々に汗をかいていて気持ちが良い。やっぱり運動が好きなのだろう。

スタートして16日間。3日やって1回お休みのパターンが続いている。ちゃんとトレーニングウェアに着かえ、ウォームアップをしてからスタートする。これは芝居の稽古場と同じで、日常をずるずる引きずったままでは集中力が発揮されないからである。洋服もろとも日常を脱ぎ捨てることが大事だと考える。

ビリーの激に励まされながら頑張っているが、なかなかスピードについていけないのが悔しい。

「倍速でやるぞ! GO!」などど叫ばれても無理である。最初はやみくもに従ってしまい膝痛が出た。今は倍速シーンになってもそのままのスピードでやっている。セット数も同じで無理なものは無理。プッシュアップなんぞ「8セットだ!」と命じられるのだが、いやあ無理でしょ。5セット目からは無理せず膝つきでやっている。ビリーはどうせ私のことなど見ていないから「寝てるのか!」などと叱られることはない。一緒にやっている人たちはけっこう叱られていて面白いよ。シェリーだけはほめらている。

 

巣ごもりに入ってから身体がぽてんと緩んだのは確かである。

ただパワー系の種目をやっても衰えた感じはないので、筋肉そのものは減っていないと思う。脂肪が筋肉を覆い隠したせいで、このようなぽてんとした身体になってしまったのだろう。

脂肪を落とすために食べるのを我慢できたらよいのだが、これがなかなかむつかしい。ご飯は仏壇のお供えかっつーくらいちょびっとだし、アイスやスナック菓子はまったく食べていない。しかし豆大福や柏餅などの和菓子をどうしても我慢できない。「アンコは豆が原料だから身体に良いはず」という理屈によって「砂糖をたくさん使っている」という現実を覆い隠そうとしている。「ダイエットができない人は言い訳を考えるのがうまい」と何かで読んだことがあるが、まったくそのとおりである。

さあ、今夜もまた頑張るよ。昨日から腹筋編に入ってみた。腹筋運動が大嫌いなので恐る恐るだったがわりと楽しかった。

 

あんまり良い文章が書けないね。

読んでくれてありがとう。申し訳ないよ、まったく。

| 羽生まゆみ | - | 21:37 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:37 | - | -
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM