羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 時間がほしい(稽古場日記15) | main | 通し1日目(稽古場日記17) >>
ラストスパート(稽古場日記16)
バッタバタである。途中すっごい余裕あったのにどうしてこうなったのかわからない。
「間に合わないっ」とわめいていると、雅紀が「だーいじょうぶ、だーいじょうぶ」と言ってくれるので、そのときだけ心が落ち着く。なのでなるたけ雅紀がいるところでわめくようにしている。
そんなわけで当日パンフの原稿が遅れてデザイナーのタニガワさんに迷惑をかけた。昨夜徹夜で当パン用の役者紹介を書き上げたが、そこで限界。私のご挨拶文はナシである。すみません。

来週の今日は稽古を打上げている。信じられない。あっという間の日々だった。
先週は舞監・照明・音響の各スタッフが集まり止め通しが行われた。ひどいありさまで、10年前の私なら耳から火噴いて暴れまくっているところだが、最近の私は落ち着いたものだ。よほどテンポが悪くないかぎりちょびっとバクハツする程度で暴れない。必ず「ちゃんとなる」ことを経験で知っているからだ。仕上がらずにコヤ入りしたことは『プリンセスショック』以来一度もない。『プリンセス〜』だってゲネでちゃんと仕上げた。
今回心配なのは台詞のトチリだ。多い。そしてトチリをあまり気にしていないふうなのが心配である。トチるのを私が大目に見ると思うなよ。客にバレバレのトチリは絶対に許さん。蹴る。
昨日は音響ひろのさんと音をつけていった。いくつか宿題が残ったがおおかた決まった。音が入ると物語が整理されてくるといつも思う。特に4場は、音楽が入るとあまり考えなくても筋が追えるようになる。稽古の時は芝居をみるのに忙しく筋を追っていないので、私の頭の中はしっちゃかめっちゃかなのだ。
4場、MOMOで11人立つのは大変だが、きれいに絵を作れたと自負している。私のお芝居、ラストは全員で立つと決めている。4場で誰かを削るなんてこと、よほどの事情がない限り私にはできない。全員で稽古して全員で喜んで苦しんで、全員で終わりたい。

ああ、あと少しだ。全員で楽しみ、全員で別れを惜しみたい。
 
| 羽生まゆみ | 狐の姫と詐欺師たち | 05:21 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:21 | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM