羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 仕込み2日目(稽古場日記21) | main | 再会(稽古場日記22) >>
初日(稽古場日記21)
いい初日だった。
客席があったかくて、とても嬉しかった。
午前中の返し稽古を見て、役者たちの調子の良さはわかっていた。なのでいけそうだとは思っていたが、そこは魔物が棲むと言われる舞台、若干の緊張はあった。
ミスもちょびっとあったが、それでも初日らしい気合いの入った舞台で、私は好きだった。
ほぼ満席で安心もした。ご来場のみなさま、本当にありがとうございました。

いろいろ心配はあった。しかし耳に入る評判は良いようである。長くご覧いただいているというお客様のご挨拶をいただいたりもして、少し自信になった。ありがたいことである。
役者がよくやっている。個性で押し切ることの多かった役者が今回、「演技力」を身につけていると感じる。それが何よりも嬉しい。時々「うまい」とつぶやいている私が居る。これまではなかった現象だ。

幸せだ。残り6ステ。どうか役者たちが元気でいますように。疲れず元気でさえあれば、良い芝居であると思う。
 
| 羽生まゆみ | 狐の姫と詐欺師たち | 01:11 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:11 | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM