羽生ノート

羽生一家玉組座長・羽生まゆみが気儘に綴る日々雑感です。
<< 4日目(稽古場日記24) | main | この世に戻る >>
謝辞(稽古場日記ラスト)
電車を乗り過ごして北野まで行ってしまい、中野から自宅まで2時間半かけてやっとたどり着いた。シャワーを浴びたあとは記憶がない。
14時頃、麻理枝から永山に着いたと電話があった。荷返しの場所が京王線沿線の国領と稲城でうちから近かったので、ついでに私の荷物(公演中に頂いた花)もトラックで運んでもらったのだ。
柴崎に住んでいるえあぽも呼び出して、千歳、麻理枝、えあぽと4人でご飯を食べた。がつーんとステーキ。300グラムの肉に食らいついている男子を見るのはいいものだ。楽しかった。おかげでいつもならレロレロとへこたれている一日のはずなのに元気でいられた。
でも駐車場でトラックを見送るとき急に寂しくなって、荷台でもいいから乗り込んでついて行きたいと思った。トラックを運転する千歳がチョーかっこよかった。今回は舞監経験のある千歳が居てくれて大助かりなことがたくさんあった。ありがとうね。
20時半頃えあぽから「荷返しは完了してトラックもレンタカー屋に返した」と電話があった。
ありがと。えあぽは何の見返りも求めず私と玉組を助けてくれる。すでに親友である。
なので先日、呑&情二ごっこをして遊んだ。
「僕の葬式は羽生さんにお任せします」
「いやだ、めんどくさい」
私の方が間違いなく先に逝くよ、えあぽ。葬式は好きにやってくれ。

いつものスタッフに心からの愛を。長い年月をともに過ごしてきた。松本伸一郎(照明)、坂田ひろの(音響)、向井登子(舞台美術)のアートワークを含めての「羽生の作品」なのだ。劇場で、稽古場で作った芝居にあなた方の最後の手が入るとき、今も変わらず激しい感動を覚える。
舞台監督の稲毛健一郎が大好き。今回は3回くらい、あの大きなお腹に抱きついて「大好き」と言った。この頃血圧が200越えと聞きぞっとした。今後、塩分控えろメールをことあるごとに送りつける予定である。心配している人が居ると思えば、いくらか気をつけるからね。
今回新しく出会った宣伝美術のタニガワさん、すばらしいチラシを作ってくれてありがとう。評判が良くてとても嬉しかった。
同じく今回初めて大道具を叩いてくれた中野さん、ありがとう。登子さんが描いた絵そのままの舞台でした。
お二方とも、今後の長いお付き合いを願っています。

盟友、カメラマンの矢野力にいつもながらの感謝を。結局、旗揚げからすべての公演に付き合ってくれたのはあなただけとなった。あと少し、あと少しだけ付き合ってもらいたい。22才のときから変わらず愛している。ありがとう。

ゆにっとのKAZUHOにはたくさんの優しさをもらった。毎日毎日メールで私を力づけてくれた。麻理枝を助けてくれた。お客さんを呼んでくれた。私はこの恩をどう返していいのかわからない。ありがとう。
落合瑛理子をはじめとした、受付を手伝ってくれた可愛らしいお嬢さん方と妙齢の女優に感謝。そして一晴、ありがとう。受付は難しい仕事である。感謝の言葉もない。

そして役者たち、ありがとう。楽しかった。
いいチームだった。すばらしい座組だった。仲の良い役者たちを見るのはいいものだ。けれどやっぱりいつものように、やっぱりたくさん、あなた方を傷つけてしまったと思う。お許し願いたい。
雅紀、立派な主役っぷりだった。

ご来場のお客様に心より御礼申し上げます。
満席の公演は嬉しいものです。打ち上げで大入袋を気恥ずかしくなく渡したのは久しぶりでした。
とりあえず来年『サンタクロース イン トーキョー』の再演が決まりました。楽しみです。情報はおいおい出していきますので、時々HPや羽生ノートを覗いていただければ幸いです。
みなさまのお幸せと健康を祈りつつ、ご来場、誠にありがとうございました。

あ、忘れてた。この公演のきっかけをくれた四柳ウブヲにありがとう。ラブ、ウブヲ。身体を大事にね。

羽生 まゆみ


 
| 羽生まゆみ | 狐の姫と詐欺師たち | 01:37 | - | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 01:37 | - | -
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

このページの先頭へ


みんなのブログポータル JUGEM